全日本フィギュア最終日
(12月24日 さいたまスーパーアリーナ)
 ペアの高橋成美、木原龍一組は団体要員としてソチ五輪本番までさらなる熟成を目指す。

 ただ一組の出場となったこの日の演技ではミスが出たが、高橋は「進歩が感じられた」と前向きに捉えた。シングルから転向してきた木原と組んでまだ10カ月。高橋が「もう少し一体感を出して、夢舞台を十分に楽しみたい」と言えば、木原も「五輪は幼稚園の時に人生で最初に目指した夢。小さな力でも日本の力になりたい」と意気込んだ。


 ◆高橋 成美(たかはし・なるみ)カナダ人のマービン・トランと12年世界選手権3位。今年から木原とペア結成。慶大、木下ク。1メートル46、40キロ。21歳。千葉県出身。

 ◆木原 龍一(きはら・りゅういち)11年世界ジュニア選手権男子代表でペアに転向した。中京大、木下ク。1メートル75、62キロ。21歳。愛知県出身。
閉じる
続きを表示する