陸上 日本選手権
 女子短距離のエース・福島は、既に100&200メートルでリオ五輪の参加標準を突破。6年連続の2冠を達成すれば、3大会連続の代表に決定する。「納得いくレースができればいい。どんな条件でもベストを尽くしたい」と100メートル11秒21、200メートル22秒89の日本記録更新にも意欲を見せた。


 今季序盤は脚のけいれんなどで棄権が相次いだが、今月上旬にポーランドの国際大会で好走。「今は不安や違和感も解消している」と万全の状態で号砲を待つ。
閉じる
続きを表示する