リオデジャネイロ五輪 卓球男子シングルス準決勝 水谷隼2―4馬龍
(8月11日 リオ中央体育館)
 男子卓球シングルスの決勝は、初の連覇を目指す張継科と馬龍の中国同士の顔合わせとなった。卓球が五輪で開催されている8度の五輪で、中国同士の決勝は3大会連続4度目。


 また、女子シングルスも2大会連続同じ顔合わせとなった中国同士の決勝で、丁寧が李暁霞を下し初優勝を飾った。こちらも3大会連続6度目の中国同士の決勝と、圧倒的な強さを見せている。
閉じる
続きを表示する