金藤、ぶっちぎり頂点!ロシア難敵・エフィモワ黙らせた1秒67差

2016年08月13日 05:30

五輪

金藤、ぶっちぎり頂点!ロシア難敵・エフィモワ黙らせた1秒67差
金メダルを手に笑顔の金藤 Photo By
リオデジャネイロ五輪 競泳女子200メートル平泳ぎ 決勝
(8月11日)
 “競泳界の澤”が世界を制した。女子200メートル平泳ぎ決勝は、競泳日本代表の主将・金藤理絵(27=Jaked)が2分20秒30で優勝。同種目では1936年ベルリン五輪の前畑秀子、14歳で92年バルセロナ五輪を制した岩崎恭子に続く3人目の金メダルに輝いた。08年北京五輪に出場も、12年ロンドン五輪出場を逃してからは何度も引退を考えたが、決勝ではライバルのユリア・エフィモワ(ロシア)を下し、念願の頂点に立った。

 スタンドから投げ込まれた日の丸を掲げて、カメラマンのリクエストに笑顔で応えた。世界大会でついにつかんだ初めてのメダル。金藤は大観衆の視線を一身に浴びた表彰台で「恥ずかしい」と照れながらも、「自分だけの君が代を聴くことができて涙が出そうになった」と歓喜に浸った。

 ロンドン五輪200メートル平泳ぎ銅メダルのエフィモワを堂々と下した。ドーピングの前歴があるエフィモワは、一度は参加資格なしと裁定が出ながら提訴が認められて、大会直前に出場が決まった。疑惑の相手との真っ向勝負。10年間指導を受けている加藤コーチからは「エフィモワも命を懸けて来ている。おまえは努力で命を懸けてやってきた。負けるんじゃない」と厳命された。結果はライバルに1秒67の大差をつけて金メダル。見事にその期待に応えてみせた。

 「この子は間違いなく2分18秒台後半は出る」。2007年2月。東海大の加藤健志コーチは、入学が決まっていた広島・三次高3年の金藤に合宿で初めて会った時の衝撃を覚えている。当時指導していた世界選手権の男子銅メダリスト、今村元気と一緒に、年に2、3度しかしないハードな練習をさせると、金藤はぴたりと後ろを泳ぎ続けた。世界記録を上回るタイムを出せる可能性を見いだして以来、ここまで二人三脚で歩んできた。

 08年に19歳で北京五輪に出場して7位。09年には日本記録を連発した。順風に見えた競技人生だが、10年春にヘルニアを患うと、渡部香生子や鈴木聡美ら若手に追い抜かれ、ロンドン五輪選考会で敗退。人生が暗転した。その後は父・宏明さんでさえ「やめる詐欺」と言うほど何度も引退を口にした。転機は昨年の世界選手権。見せ場なく6位に終わって「悔しい」というより実力を出し切れず「情けない」と感じた。この時、加藤コーチに「こんなレースで競技人生を終わりたくない」と直訴。「情けないレースを応援してくる人が見る最後にしたくない」と現役続行を決意した。

 勝負に出た金藤は、男子の萩野が「理絵さん(金藤)にはかなわない」というほどの猛練習を自らに課した。昨冬は気温が40度に達するオーストラリアの市民プールのコースを借り切り、涙を流しながら1日約2万メートルを泳ぐ猛練習に耐えた。ベンチプレスは過去最高の75キロまで上げられるようになり、武器の下半身に上半身の筋力を強化すると、4月の日本選手権では日本人で初めて2分20秒の壁を突破。そしてついに五輪での金メダルを手中にし、完全復活を果たした。

 「今までメダルが獲れるチャンスがあった中で獲れなかったので、お待たせしましたという気持ち」。世界の頂点に立った金藤は、充実感をにじませた。

 ≪歴代3番目大差≫ 金藤は2位エフィモワ(ロシア)に1秒67の差をつけた。電動掲示が公式記録となった72年のミュンヘン五輪以降、200メートル平泳ぎ決勝では歴代3番目の大差だった。これまでの1位と2位の最大タイム差は、76年モントリオール五輪で優勝したコシェベヤが2位ユルチェンヤ(ともに旧ソ連)につけた2秒73。08年北京五輪ではソニ(米国)が2位ジョーンズ(オーストラリア)に1秒83の差をつけて優勝したが、コシェベヤもソニもこの時には当時の世界新記録を樹立。金藤のタイム差はこれに次ぐ“圧勝記録”となった。

 ちなみに過去の同種目で優勝している日本選手では岩崎(92年バルセロナ五輪)が0秒20差、前畑(36年ベルリン五輪)が0秒6差(手動計時)。金メダルを獲得しても接戦が当たり前だった日本競泳界の中で、金藤が残した1秒67差は群を抜いて際立っている。

 ◆金藤 理絵(かねとう・りえ)

 ☆生まれとサイズ 1988年(昭63)9月8日、広島県庄原市生まれの27歳。1メートル75、64キロ。血液型A。

 ☆家族 父・宏明さん(61)、母・富士子さん(58)、兄・康宏さん(32)、姉・由紀さん(30)。

 ☆経歴 庄原市立山内小―庄原市立山内中―広島県立三次高―東海大―東海大大学院卒。水泳用品の製造・販売などを行うフットマーク社が、国内販売ライセンス契約を締結しているイタリアの競泳用品メーカー「Jaked(ジャケッド)」所属として活動。

 ☆競技歴 兄・康宏さん、姉・由紀さんの影響で小学校3年生で水泳を始めた。三次高3年生で06年インターハイ女子200メートル平泳ぎ優勝。東海大2年生で08年日本選手権200メートル平泳ぎ2位となり北京五輪出場権を獲得。北京五輪では7位。同種目の自己ベストは今年4月の日本選手権でマークした2分19秒65(日本記録)。

 ☆競泳の澤穂希 元なでしこジャパン澤穂希さんによく間違われる。金藤本人も東海大時代、教材に載っていた澤さんの写真を見て「やばいくらい似ている」と実感。リオ五輪出場決定時に「“澤さんに似ている人が水泳界にいる”と見てもらって“この人も凄い”って言われたい」と本物に負けない活躍を誓った。
続きを表示

この記事のフォト

おすすめテーマ

2016年08月13日のニュース

特集

【楽天】オススメアイテム