1896年の第1回アテネ五輪から実施される伝統競技のレスリングは2013年2月、20年東京五輪での除外危機に直面した。背景には国際統括団体の組織改革の遅れや、五輪存続への努力の欠如があった。当時の国際レスリング連盟(FILA)は問題点を必死で改善、世界中から集まった批判にも後押しされ、残留を果たした。


 旧態依然としていた組織は女性役員を増やし、選手委員会を発足させるなどで一変した。分かりにくいとの声が多かったルールも、観客重視、テレビの視聴者重視で分かりやすく変更。女子の階級は「4」から「6」に増やした。団体名称もその後、世界レスリング連合(UWW)となった。

 その取り組みが評価され13年9月の国際オリンピック委員会(IOC)総会で存続が決定。24年五輪でも自動的に実施されることになった。
閉じる
続きを表示する