女子棒高跳びの世界記録保持者、エレーナ・イシンバエワ(34=ロシア)が19日、リオデジャネイロで会見し「スポーツにさよならは言わないが、棒高跳びとはさよならする」と現役引退を表明した。08年北京五輪まで2連覇した競技人生を「夢を実現して幸せだ」と振り返った。


 ドーピング問題で参加を禁じられたリオ五輪の女子棒高跳びについては「(勝者が)真の金メダルにはならない」と強気に語った。世界反ドーピング機関(WADA)の調査結果についても「私が受けた全てのドーピング検査で結果は陰性だった」と潔白を主張した。

 今後はロシア陸連で要職に就く可能性が高く「打診を受けた。非常に興味深い。帰国後に現会長と真剣に話し合いたい」と意欲的だった。
閉じる
続きを表示する