ザック監督「楽な試合にはならない」26日ヨルダン戦

2013年03月25日 19:33

サッカー

ザック監督「楽な試合にはならない」26日ヨルダン戦
ヨルダン戦を控え、会見するザッケローニ監督(左)と長谷部 Photo By
 【ザッケローニ監督と一問一答】

 ザッケローニ監督は冷静な口調の中に警戒心を漂わせた。

 ――今の心境は。

 「集中力が高まっている。楽な試合にならないのは覚悟の上だが、選手を信頼している。この試合に対する日本人の期待は非常に高い。当然、私も重圧は感じているが、選手を過剰に緊張させてはならない」

 ――ホームでは6―0で圧勝した相手だが。

 「全然違う試合になる。ヨルダンは全ての勝ち点をホームで挙げている。日本での試合とは布陣や戦い方を変えるはず。地元の応援に支えられ、よりダイナミックで好戦的になるだろう」

 ――カナダとの強化試合で、選手は監督の与えた指示にこだわり過ぎた。

 「敵の戦い方を予測して作戦を立てるが、想定外の展開になることもある。日本の特長を生かすための基本戦術は不可欠だが、局面では選手の判断力が問われる」

 ――本田(CSKAモスクワ)と長友(インテル・ミラノ)が不在。

 「これまで大きく貢献してくれた2人だが、いなくても不安はない。過去にも同じ状況はあり、代役の選手が必要な仕事をしてくれた」
続きを表示

おすすめテーマ

2013年03月25日のニュース

サッカーのランキング

特集

【楽天】オススメアイテム