昨季J1と天皇杯を制した鹿島と、J1で2位の浦和が対戦する富士ゼロックス・スーパー杯(18日)の会見が17日、試合会場の日産スタジアム内で開催された。

 昨季、年間勝ち点1位ながらチャンピオンシップで鹿島に敗れ、タイトルを逃した浦和はリベンジに燃える。会見に出席した浦和MF武藤雄樹(28)は「鹿島はその歴史をみても勝負強さがあるチーム。いつもレッズがボールを支配しているけど、我慢できるし、一発で仕留める力も持っている。集中力を90分保って、一瞬の隙も与えないように戦わないと勝てないと思っている」と話した。


 一方、鹿島のMF遠藤康(28)は「昨年の年間勝ち点1位は浦和。本当のチャンピオンはレッズだと思っている。チャレンジャーと思って戦いたい」と語った。

 また大会史上初めて、出場両クラブのフィールド選手がセカンドユニホーム(鹿島がピンク、浦和は黄色)を着用することも発表された。?
閉じる
続きを表示する