スペイン2部テネリフェのMF柴崎岳(24)が19日、ホームのレウス戦で移籍後初出場を果たした。0―1の後半29分、サポーターの大歓声に迎えられ、ピッチに立った。4―4―2の守備的MFに入ると、低い位置から正確な長短パスを前線へ供給した。電撃移籍から47日。得点には絡めなかったが、ようやく欧州での第一歩を踏み出した。


 試合後の柴崎はクラブの方針もあり、取材に応じなかった。マルティ監督は「良いボールを供給していた。もう少し前のゾーンでプレーしてもらいたかったが、ボール欲しさに引きすぎていた」と評した。前線へのラストパス、ボールを散らして相手守備を揺さぶることを期待されたが、それらの課題は次戦以降に持ち越しとなった。

 1月31日に鹿島から移籍した後、テネリフェ島での生活が合わず、胃の不調に苦しみ、不安障害の可能性を指摘された。チームは今年に入り初黒星を喫したが、地元紙は総じて柴崎のデビュー戦に好意的だった。マルカ紙はクラブW杯決勝のRマドリード戦で2得点したことを挙げ「鹿島の英雄がスペインでの物語をスタートさせた」と伝えた。
閉じる
続きを表示する