U―20W杯韓国大会に臨むU―20日本代表は19日、1次リーグ初戦(水原)に向けて水原市内で調整した。隣のグラウンドで2戦目に対戦するウルグアイが練習する中、戦術練習などを実施。攻撃の確認では、主力組のボランチにDF板倉滉(20=川崎F)が入り、MF坂井とコンビを形成した。


 センターバックとボランチをこなす万能型で、途中出場した15日の親善試合ホンジュラス戦では、CKを頭で合わせ決勝点をマーク。好調ぶりを見せつけていた。南アフリカは高い身体能力を生かして攻撃を仕掛けてくるだけに、先発出場すれば、攻守でキーマンとなるかもしれない。
閉じる
続きを表示する