鹿島は川崎Fに0―3で敗れ、首位奪回のチャンスを逃した。前節の神戸戦もホームで敗戦。ホーム2連敗となった。神戸戦ではMF遠藤とMFレオ・シルバが負傷したが、さらにこの試合で19歳のDF町田も負傷。今後精密検査を受けるが、前十字じん帯損傷と見られ、長期離脱の可能性もある。センターバックはDF植田も右太腿を痛めて欠場しており、ケガ人が集中している。


 今季5敗目(全てホーム)を喫し、J1連覇に向け正念場に立たされた。先発したFW鈴木は「情けない。くよくよしててもしょうがないので、次で取り戻す」と言葉少なに切り替えた。鈴木と2トップを組み、鹿島移籍後J1初先発を果たしたFW金森は「FWとして0点に終わったことは凄く悔しい。まだまだ物足りない。不完全燃焼」とし、「ここからが自分のスタート。必ず結果を残して鹿島の優勝に貢献したい」と語った。
閉じる
続きを表示する