コンフェデ杯は今後の開催方式が焦点で、今回で見納めとなるかもしれない。AP通信は2日、今大会が「おそらく最後」と伝えた。

 理由は参加国以外での関心レベルの低さや、2022年W杯を開催するカタールは21年11〜12月の実施が欧州シーズンを2シーズン連続で妨げるため不可能であること。


 国際サッカー連盟(FIFA)のインファンティノ会長は1日の会見で「分析していく」と開催方式の変更に含みを持たせた。(共同)
閉じる
続きを表示する