快勝セビリア指揮官、印象に残った選手は「杉本、山村、柿谷」

2017年07月18日 05:30

サッカー

快勝セビリア指揮官、印象に残った選手は「杉本、山村、柿谷」
<C大阪・セビリア>前半、先制ゴールを決めるセビリア・ベンイェデル(右) Photo By スポニチ
 【親善試合   セビリア3―1C大阪 ( 2017年7月17日    ヤンマー )】 セビリアは万全からほど遠い状態でも、昨季スペインリーグ4位の実力を見せつけた。

前半はボールを保持し続けC大阪を圧倒。昨季チーム得点王のFWベンイェデルが前半42分、後半10分と2得点をマークした。今季から指揮を執るベリッソ監督は「いろんな選手を使えて良かった」と手応えを口にし、C大阪で印象に残った選手を聞かれ「前線の2人(杉本、山村)と主将の柿谷」と答えた。
続きを表示

おすすめテーマ

2017年07月18日のニュース

サッカーのランキング

特集

【楽天】オススメアイテム