鹿島が3連休を終えて22日のセビリア戦に向け練習を再開した。

 サーキットのフィジカルトレーニングでは、約30キロの重りを引きずりながら約30メートル走を4本繰り返す新メニューが登場。選手から悲鳴が上がった。里内フィジカルコーチは「夏場の連戦が続いた時は、持久力より瞬発力につながる筋肉が必要」と説明した。


スポニチwikiランキング

    閉じる
    続きを表示する