浦和のFW興梠が2得点を挙げ、チームを勝利に導いた。

 前半17分、右クロスを中央のMF武藤が落としたボールに右足を合わせて先制ゴールを決めると、1―1で迎えた30分に右足でもう1点。雷雨の影響により試合開始が1時間遅れた1戦を2―1で制する結果となったが、「両チームとも同じ条件。ホームだし勝ち点3を絶対取ろうということで勝てて本当に良かった」とホッとした様子を見せた。


 これで自己新となる年間15得点で今季リーグ単独トップとなったが、「個人の得点よりもチームが勝つことが大事なので、1つでも順位を上げられるように頑張っていきたい」と冷静に話した。
閉じる
続きを表示する