サッカーのドイツ1部リーグ開幕節は19日、各地で行われ、シュツットガルトの浅野拓磨は0―2で敗れた敵地のヘルタ戦で1部デビューし、フル出場した。ヘルタの原口元気は2―0の後半31分から途中出場した。マインツの武藤嘉紀は0―1で敗れたホームでのハノーバー戦にフル出場した。


 ドルトムントの香川真司は3―0で快勝した敵地のウォルフスブルク戦で3―0の後半41分からプレー。酒井高徳のハンブルガーSVはホームで宇佐美貴史のアウクスブルクを1―0で下し、酒井高は出場機会がなく宇佐美はベンチ外だった。
閉じる
続きを表示する