浦和DF遠藤がACL準々決勝第1戦のアウェー川崎F戦でリベンジを誓った。1―4と大敗した7月5日の対戦では一発退場でPKを与えるなど散々。試合後は選手バスがサポーターに封鎖される事態に発展した。「借りを返すには結果を残すしかない」と話す。


 DFマウリシオ加入後はポジションを従来のリベロから3バックの右に配置転換。「右の方が前に上がる回数も多い。代表を考えれば右をやっている方がいい」と日本代表へのアピールももくろむ。
閉じる
続きを表示する