欧州チャンピオンズリーグ(CL)は12日、各地で1次リーグが始まり、A組は昨季欧州リーグ王者のマンチェスター・ユナイテッド(イングランド)がバーゼル(スイス)に3―0と快勝した。

 マンチェスターUがアクシデントを乗り越え白星をつかんだ。ゲームキャプテンを務めたフランス代表MFポグバが左太腿裏を負傷し、前半19分に交代。変わって主将したベルギー代表MFフェライニが先制点を決めた。同35分、DFヤングの右クロスをトレードマークのアフロヘアーの頭で豪快に押し込んだ。


 後半8分には、今夏に加入したベルギー代表FWルカクが追加点。相手2人のマークを受けながらも屈強な体格で競り勝ち、左クロスから頭で欧州CL初ゴールを決めた。終盤にはルカク、フェライニとつないだクロスから途中出場のFWラシュフォードがダメ押し弾。ルカクはプレミアリーグでも4試合4得点と首位発進の原動力となっており、モウリーニョ監督は「得点についても、それ以外の部分でも、彼のパフォーマンスについてはハッピーだ」と背番号9を称えた。



1次リーグA組

(3)マンチェスターU3―0バーゼル(0)

(0)ベンフィカ1―2CSKAモスクワ(3)

※( )の数字は勝ち点
閉じる
続きを表示する