C大阪は13日、23日のホーム仙台戦(金鳥)で「メガネデー」を開催することを発表した。試合当日にはさまざまなイベントが用意されており、「メガネのアイガン」協賛ブースでは、メガネ着用で来場した先着1000人にオリジナルトートバッグがプレゼントされる。


 また、今回の企画ではメガネの生産地として有名な福井県鯖江市とJリーグ史上初めてコラボ。鯖江市ブースではセレッソのエースナンバー背番号8にちなんだ「エイトチョコレート」をプレゼント。また、PR用に作られた制作費50万円相当の特注メガネをフォトブースに用意し、気軽に撮影できるようになっている。

 C大阪とのコラボを実現させた牧野百男・鯖江市長は「鯖江のメガネで相手の戦術を見通し、セレッソ大阪の未来が良く見えるように、優勝目指して頑張ってください。サポーターの皆さんのお眼鏡にかなうプレーを期待します!」などとコメントを寄せた。
閉じる
続きを表示する