メキシコ1部パチューカの日本代表FW本田が、決勝点をアシストした。4―3―3の右ハーフで、移籍後初のフル出場。1―1の後半24分に左CKをゴンザレスの頭に合わせ、公式戦3試合ぶりの白星に導いた。アロンソ監督は「本田の活躍は良くも悪くもない。姿勢がとても良かったので90分使い続けた」と及第点を与えた。


 一方、本田はツイッターで自身のマネジメント会社の子会社がウガンダのプロクラブを買収したことについて「何も分かっていない人はお金稼ぎをしてると思っているみたいやけど、サッカークラブ経営でお金稼ぐなんてほぼ無理やから」などと記した。
閉じる
続きを表示する