元ブラジル代表のMFカカー(35)が今季限りで米MLSオーランドを退団すると発表した。11日に本拠地で会見し「契約を更新しないという最終結論に至った」と説明した。

 ACミラン、Rマドリードで活躍し07年にバロンドール(世界最優秀選手賞)に輝いたカカーは、15年にMLSに参入したオーランドに加入。退団後の去就については明言を避けたが、8日に母国のテレビ局グロボで「体に痛みがあるし、体力の回復にも時間がかかる。時期が近づいている」と現役引退の可能性を示唆していた。


スポニチwikiランキング

    閉じる
    続きを表示する