U―17日本代表は14日にニューカレドニアとの1次リーグE組最終戦が行われるコルカタに12日、移動した。11日のフランス戦は1―2で敗戦し1勝1敗となったが、次戦に勝てば決勝トーナメント進出が決まる。グワハティからの航空機は対戦する両チームが同じ飛行機に乗り込む“呉越同舟”となり、早くも緊張感が高まった。到着後は宿舎内でストレッチやランニングなど軽めの練習を消化した。


 フランスには敗れたが、森山監督は「悲観的に捉えていない。強い相手を想定して修正していける」と前を向く。会場のソルトレーク・スタジアムは先輩も勝利を収めた縁起の良い場所だ。04年9月にA代表がW杯ドイツ大会アジア1次予選でインドと対戦。ハーフタイム中に停電し、後半開始が30分遅れるハプニングも吹き飛ばし、4―0で勝利を収めた。E組2位通過なら決勝トーナメント1回戦は同会場での連戦となる。カテゴリーこそ違えど過去の吉兆データは日本に追い風となりそうだ。
閉じる
続きを表示する