浦和DF森脇がかつての恩師、森保一氏の東京五輪の日本代表監督就任決定を歓迎した。

 広島時代に監督、コーチとして指導を受けた経験があり「情熱があり闘争心をむき出して選手を鼓舞してくれる。ポイチ(森保)さんは負けていても諦めることが大嫌い。ブレない芯の強さを教わりました」。またオーバーエージ枠での出場について問われると「マネジャーとして!」と返し、笑わせた。


スポニチwikiランキング

    閉じる
    続きを表示する