鹿島は14日の広島戦に、日本代表DF昌子とDF植田がそろって先発する可能性が高まった。10日の親善試合ハイチ戦から中3日。この日から紅白戦などの戦術練習に復帰した昌子は「代表であまりいいプレーはできなかったけど、代表は代表。鹿島は鹿島。次、代表に選ばれるために鹿島でアピールするしかない」と集中した。


 広島の1トップは「日本人ではなかなか経験できないことをしてくる」という強さとスピードを兼ねそろえたパトリックで、代表での悔しさを晴らすには絶好の相手だ。
閉じる
続きを表示する