浦和 協会からACL8000万円ボーナス、優勝なら賞金3億円超

2017年10月21日 05:30

サッカー

浦和 協会からACL8000万円ボーナス、優勝なら賞金3億円超
<ACL 浦和・上海上港>試合終了の瞬間、喜ぶ浦和・槙野(右)ら Photo By スポニチ
 ACLで決勝に進んだ浦和に、日本サッカー協会から8000万円のビッグボーナスが支給される。20日に田嶋会長が「(前会長の)大仁さんの時から決まっているが、勝ち進んだチームに渡していく」と話した。

 規定では16強=1000万円、8強=3000万円、準決勝進出で4000万円の支給を定めており、4強を決めた時点で浦和は合計8000万円。準々決勝で敗退した川崎Fも総額4000万円を得る。決勝進出ボーナスは設定されていないが、これはアジア・サッカー連盟(AFC)が優勝に300万ドル(約3億4000万円)、準優勝でも150万ドル(約1億7000万円)の高額賞金を支払うため。さらに優勝チームはクラブW杯にも出場でき、昨年実績では最下位でも50万ドル(約5700万円)の賞金がFIFAから支給される。田嶋会長は「決勝に行ってくれというニンジン」と狙いを明かした。

 ボーナスの使い道については「原則として選手に行くように」とクラブに要求済み。うれしいボーナスを得た浦和イレブンは10年ぶりのアジア王者を目指し準備を続けていく。
続きを表示

おすすめテーマ

2017年10月21日のニュース

サッカーのランキング

特集

【楽天】オススメアイテム