森保監督が就任会見 東京五輪でのメダルへ「全身全霊で」

2017年10月30日 12:39

サッカー

森保監督が就任会見 東京五輪でのメダルへ「全身全霊で」
就任記者会見で東京五輪へ決意を示した森保監督 Photo By スポニチ
 20年東京五輪のサッカー男子日本代表を率いる森保一監督(49)が30日、東京都内で就任記者会見を行った。森保監督は「重責だが、喜んでいただける結果を出せるように全身全霊で五輪に向かっていきたい。メダルを獲得できるように頑張っていきたい」と抱負を述べ、自国開催で1968年メキシコ大会以来52年ぶりとなるメダル獲得へ決意を示した。

 目指すサッカーについて問われると「チームの組織力をもって連携、連動して攻守にかかわるサッカーをしたい」と、日本人の特長を生かした「全員で戦うサッカー」を志向した森保監督。「夢を持ってチャレンジしてほしい」と東京世代の選手たちにメッセージを送った。

 森保監督は現役時代は守備的MFとして日本代表で活躍。93年にはW杯初出場を目前で逃す「ドーハの悲劇」を経験した。12年から今年7月まで広島の監督を務め、J1リーグで3度の優勝へと導いた。

 12月9日からタイで開催される国際大会で始動し、来年1月のU―23アジア選手権が初の公式戦となる。
続きを表示

この記事のフォト

おすすめテーマ

2017年10月30日のニュース

サッカーのランキング

特集

【楽天】オススメアイテム