人気プロレス漫画「タイガーマスク」の主人公伊達直人を名乗り、児童相談所に贈り物をして話題となった前橋市の会社員河村正剛さん(43)が20日、ランドセルを受け取った子供の小学校卒業を前に群馬県高崎市の児童養護施設を訪れた。


 施設によると、河村さんは2010年12月25日未明、前橋市にある児童相談所の前に「伊達直人」の名でランドセル10個を置いた。このうちの2個が、当時小学校入学を控えた高崎市の施設の子供に贈られたという。

 20日午後1時半すぎ、小学6年の男児2人がランドセルを持って施設の部屋に現れ、河村さんと面会。河村さんは「独りぼっちじゃないよ」などと話し掛け、2人はうなずきながら「ありがとう」「勉強を頑張りたい」と応じ握手した。2人は23日に卒業式を迎える。
閉じる
続きを表示する