「浅見光彦シリーズ」で知られる人気作家の内田康夫氏(82)が、21日付で小説の休筆を宣言した。2015年7月に脳梗塞で倒れ、毎日新聞夕刊で連載していた「孤道」は同年8月12日、204回で中断していたが、書き続けることが難しくなったとして未完のまま出版、同作の完結編を公募することも発表した。


 内田さんは「左半身にマヒが残りました。以降リハビリに励みましたが思うようにはいかず、現在のところ小説を書き続けることが難しくなりました。そこで思いついたのが、いまだ世に出られずにいる才能ある方に完結させてもらうということでした」などとするメッセージを公表。現在は、短歌を作りながら、復活を目指してリハビリを続けているという。

 「孤道」は浅見光彦シリーズ114作目(短編除く)。謎が提示され、これから解決というところで中断している。「孤道」は5月12日に発売し、完結編の原稿は同日付で募集を開始。主催は内田康夫財団、毎日新聞出版などから成る「“孤道”完結プロジェクト」で、応募要項は同プロジェクトの特設サイトに掲載。
閉じる
続きを表示する