20日午後0時25分ごろ、福岡市中央区天神1丁目のみずほ銀行福岡支店向かいのコインパーキングで、「男たちに銀行で下ろしたばかりの現金3億8400万円を奪われた」と110番があった。福岡県警によると、同支店で男性会社員(29)=東京都足立区=が現金を引き出した直後、スプレーのようなものを吹き掛けられて顔や喉に軽傷を負い、現金を強奪された。警察庁によると、戦後の現金強奪事件の被害額としては4番目の多さ。


 県警が強盗致傷容疑で行方を追っていたところ、市内の福岡空港で多額の現金を持った男らを確保。国際線ターミナルだったとみられ、韓国人が含まれていた。奪った現金を海外へ持ち出そうとした可能性があるとみて事情聴取を始めた。

 捜査関係者によると、身柄を確保された男らは、事件現場で目撃された男らと特徴が異なり、所持していた現金も強奪された現金と金額が違うといい、福岡県警が慎重に捜査を進めている。

 強奪は白昼、多くの人が行き交う福岡市最大のオフィス街で発生した。「強盗!強盗だ!」。男性の叫び声が響き、直後に白いワゴン車がコインパーキングの精算所のバーを折って猛スピードで走り去った。被害男性は取り乱した様子で、商業ビルが立ち並ぶ一帯は騒然となった。

 県警によると、男性は同支店の窓口で約1億9000万円ずつ2回に分けて引き出し、全額を黒いキャリーバッグ1個に詰めた。3億8000万円の重さは合計38キロ。市道を挟んだコインパーキングに向かい、車の後部座席に入れようとしていた時、3人組のうち男2人にスプレーを吹き掛けられた。1人は身長約1メートル75の30〜40代で、グレーの作業着姿。別の1人は身長1メートル70〜75で、黒色の作業着で頭に白色のタオルを巻いていた。2人とも白のマスクで顔を隠していた。もう1人は現場に止めた白色のワゴン車の中にいたとみられ、いずれもこの車に乗って逃走した。

 近年、振り込め詐欺やインターネット上の取引などの特殊詐欺によって、多額の金をだまし取られる事件が多発。今回は白昼堂々、顔を隠した男らが“現ナマ”を強奪して逃走するという犯罪映画を絵に描いたような手口だった。

 捜査関係者によると、男性は都内の貴金属店に勤務し、福岡には出張で来ていた。現金を引き出した理由は「金塊を買い付ける予定だった」と説明しているという。銀行側には事前に引き出しの予定を伝えていた。

 《主な高額強盗事件》

 ▼5億4000万円 94年8月、神戸市中央区の「福徳銀行」(当時)神戸支店の駐車場で、2人組の男が現金が入った3個のジュラルミンケースを強奪。県警は元暴力団員の男を指名手配したが行方はつかめず

 ▼5億4250万円 04年10月、栃木県南河内町の運送会社「東武運輸栃木」(当時)に就業直後、5人組が進入。警備員2人を粘着テープで縛り、現金入りのバッグを奪い逃走。06年7月に元暴力団員の男や実行役の中国人らが逮捕

 ▼6億円相当 16年7月、JR博多駅前で男性がアタッシェケースに入れた金塊(百数十キロ)を運んでいたところ、警察官の制服姿の男らが職務質問。ケースを点検するふりをし、男性が目を離した隙にケースを車に積み逃走
閉じる
続きを表示する