21日午後1時半ごろ、東京都中央区銀座5丁目の路上で「2人組の男に金を取られた」と都内に住む40代の自営業男性から110番があった。現金数千万円入りのバッグを奪われたといい、警視庁築地署は強盗容疑で男らの行方を追っている。


 築地署によると、男性が1人で歩いていると、突然、後ろから男に体当たりされて倒れた。男は腹を蹴ってバッグを奪い、数十メートル先に止まっていたバイクの後部座席に乗り、運転手と一緒に南西の新橋方向に逃走した。

 男性は銀座で仕事の取引を終え、約7200万円をバッグに入れて持っていた。奪われたのはこのうちの一部という。

 バッグを奪った男は青色ジャンパーにジーパン姿。バイクは黒っぽいスクータータイプで、運転手は男とみられ、白いヘルメットに黒っぽい服装だった。

 現場は東京メトロ銀座駅のすぐ近くで、飲食店などが立ち並ぶ路地。路地を全力で走り去る男の姿を見た女性は「『おい』とか『わー』というような叫び声が聞こえた。福岡市でも似たような事件があったのでとても怖いです」と声を震わせた。
閉じる
続きを表示する