囲碁の第55期十段戦5番勝負の第4局は21日、大阪市の日本棋院関西総本部で打たれ、井山裕太十段(27)が196手で挑戦者の余正麒七段(21)に白番中押し勝ちし、対戦成績を3勝1敗としてタイトル防衛に成功した。


 井山十段は通算4期目の十段獲得で、棋聖、本因坊、王座、天元、碁聖と合わせて6冠を堅持した。

 余七段は、初の七大タイトル獲得を逃した。

 ▼井山裕太十段の話 (今シリーズは)苦しい局が多かった。(3連敗に終わった3月の)国際戦はふがいなかったので、ここで結果を残せて良かった。
閉じる
続きを表示する