藤井は幼少期から常人離れした能力を見せつけ、負けると泣きじゃくって悔しがる姿が関係者の脳裏に焼き付いている。

 小学2年ころに谷川浩司九段(55)の胸を借りた指導対局で、駒落ちながら次第に劣勢になった。気遣った谷川が「引き分けにしようか」と話した瞬間、将棋盤を抱えるようにして泣きだした。周囲に人だかりができ、母親の裕子さん(47)が抱きかかえてその場から引き離した。負けて号泣し、母親が連れて帰るのは毎度のことだったという。


スポニチwikiランキング

    閉じる
    続きを表示する