神戸市北区の住宅などで3人が殺され2人が負傷した事件で、兵庫県警有馬署捜査本部は17日、死亡した無職南部達夫さん(83)に対する殺人の疑いで、孫の無職竹島叶実(かなみ)容疑者(26)を再逮捕した。同容疑者は「黙秘します」と供述している。


 県警は事件直後、近くの神社で、包丁を持っていたとして銃刀法違反の疑いで竹島容疑者を現行犯逮捕。負傷した母竹島知子さん(52)の目撃証言などから、5人のうち容疑が固まった南部さん殺害容疑で再逮捕した。ほか4人も相次ぎ襲ったとみて立件する方針。

 再逮捕容疑は16日、同居の南部さんを金属バットで殴打したり、包丁(刃渡り約16センチ)で刺したりして殺害した疑い。

 南部さん方は、死亡した妻観雪さん(83)と知子さん、竹島容疑者の4人暮らし。捜査本部は17日、南部さん宅で現場検証と家宅捜索を進めた。

 司法解剖の結果、南部さんの死因は、首を切られたことによる失血死だった。残る2人も解剖し、暴行の状況や経緯を詳しく調べる。
閉じる
続きを表示する