中国の習近平国家主席は12日、トランプ米大統領と電話会談した。

 トランプ氏が北朝鮮への圧力強化を中国に求める中、北朝鮮は米領グアム沖へのミサイル発射検討を表明したが、習氏は米朝双方に「自制を求める」と述べ、引き続き対話優先の姿勢を強調した。国営中央テレビが報じた。


 共同電によると習氏は「朝鮮半島の核問題は対話を堅持し、政治解決を図るしかない」とし、軍事力行使に反対する立場を明確にした。
閉じる
続きを表示する