防衛省・自衛隊は12日、上空通過が見込まれる中四国4県の陸上自衛隊駐屯地に、航空自衛隊の地対空誘導弾パトリオット(PAC3)の部隊を配備。日本海には海上自衛隊のイージス艦も展開しており、24時間態勢で警戒監視に当たる。


 政府はミサイルの国内落下も想定。昨年8月から、迎撃に必要な自衛隊法に基づく破壊措置命令を継続しているが、新たにPAC3を配備した駐屯地でも対応できるよう改めて発令。

 配備先は出雲(島根)、海田市(広島)、松山(愛媛)、高知の各駐屯地。12日未明から夕方にかけて部隊の車両群が順次到着し配備が完了した。
閉じる
続きを表示する