羽田発大阪行きの全日空37便ボーイング777が12日午後6時50分ごろ、機内の気圧トラブルの可能性を示す表示が出たため、羽田空港に緊急着陸した。乗客乗員計273人にケガはない。

 伊豆大島の上空付近を飛行中、気圧を一定に保つシステムにトラブルが発生した可能性を示す表示が出たため機長の判断で客室の酸素マスクを出した。国交省によると、午後6時半ごろに緊急事態を宣言し、引き返した。


スポニチwikiランキング

    閉じる
    続きを表示する