非常に強い台風18号は13日、沖縄県の先島諸島にかなり接近し、暴風域に巻き込みながら北寄りに進んだ。宮古島では最大瞬間風速が40メートルを超えるなど、大荒れの天気になった。台風は今後、東寄りに進路を変え、3連休には西日本に接近する見通しだ。


 気象庁によると、13日午後、宮古島の複数の観測点で最大瞬間風速が40メートルを超え、24時間雨量が300ミリを超えた観測点もあった。先島諸島では14日昼前まで非常に強い風が吹き、海もしけが続く。14日にかけて予想される最大風速(最大瞬間風速)は40メートル(60メートル)で、同日午後6時までの24時間雨量は、多いところで250ミリ。

 台風は今後、勢力を強めながら北西に進み、東シナ海で偏西風に乗って東寄りに進路を変える見通し。16日以降、西日本から日本列島を横断する可能性がある。

 台風18号は、14日午前0時現在、宮古島の北約100キロを、時速15キロで北西に進んでいる。中心の気圧は950ヘクトパスカル。中心付近の最大風速は45メートル、最大瞬間風速は60メートルで、中心から半径200キロ以内が風速25メートル以上の暴風域になっている。
閉じる
続きを表示する