入所障がい者に暴行、元職員の女を逮捕 宇都宮市の支援施設

2017年09月14日 05:30

社会

 宇都宮市の知的障がい者支援施設「ビ・ブライト」で4月、入所者の男性(28)が腰の骨を折るなどの重傷を負った事件で、栃木県警は13日、男性に暴行してケガを負わせたとして傷害の疑いで、運営法人「瑞宝会」職員で当時、同施設に勤務していた女(25)を逮捕した。

 県警は11日に傷害の疑いで、同施設で作業に当たっていた栃木県那須町の無職の男(22)を逮捕している。2人は「男性を蹴った」などと容疑を認めている。女は一時所在が分からなくなっていたが、今月12日、「事件について説明する」と電話で県警に連絡し逮捕された。
続きを表示

おすすめテーマ

2017年09月14日のニュース

社会のランキング

特集

【楽天】オススメアイテム