小池氏が特別顧問を務める地域政党「都民ファーストの会」の新代表に就任した荒木千陽都議は13日、若狭氏の政治塾に所属都議が参加を希望した場合、容認する考えを示した。都庁で開いた会見で明かした。

 年内の国政新党設立を目指す若狭氏との連携について「我々は目の前の都政の課題に着実に取り組んでいく」と静観の構え。それでも、次期衆院選の候補者選定の場にもなっている“若狭塾”へ所属都議が参加することになれば「認めないということにはならないと思う」と語った。


 荒木氏の会見に先立ち、党の都議団総会で代表交代が報告されたが、音喜多駿都議はツイッターで「代表選出のプロセスには異議があることを強く主張し、新代表の現時点での就任には反対を表明しました」とした。
閉じる
続きを表示する