福岡県警戸畑署は12日、飼い猫を踏みつけるなどして殺したとして、動物愛護法違反の疑いで、大分市のアルバイト男性(25)を書類送検した。「理想の猫じゃなかったから殺した。他にも20匹くらいやった」と供述しているという。


 書類送検容疑は5月2日午前2時10分ごろ、当時住んでいた北九州市戸畑区のアパートで、飼っていた猫1匹を踏みつけたり壁に打ち付けたりするなどして殺した疑い。

 戸畑署によると、近くの住民が「騒いでいる声がする」と110番。男性宅に駆け付けた署員が、死んでいる猫を見つけた。福岡県教育委員会によると、男性は当時、北九州市内の県立高校で講師をしていたが、5月上旬に依願退職した。
閉じる
続きを表示する