神奈川県大井町の東名高速道路で6月、大型トラックがワゴン車に追突し静岡市の夫婦が死亡した事故で、進路をふさぐなどで事故を誘発したとして自動車運転処罰法違反(過失致死傷)などの疑いで県警に逮捕された石橋和歩容疑者(25)=福岡県中間市=が、この約1カ月前にも山口県下関市の一般道で、3件の妨害行為をしていたことが12日、捜査関係者への取材で分かった。


 東名事故について石橋容疑者は、約1分間にわたってワゴン車の進路を妨害した疑いがあることも判明した。

 5月8日夜には、下関市の一般道を運転中に急減速。追い越した車にクラクションを鳴らすなどし、進路をふさいで停止させ、窓を叩いた。翌9日未明には、追い越そうとした後続車の進路を妨害して止めさせ、運転席のドアを蹴り破損させた。同9日朝には追い越そうとした車に幅寄せして接触事故を起こしたとして、山口県警が自動車運転処罰法違反(過失傷害)容疑で書類送検し、起訴猶予処分になった。

 神奈川県警は12日、石橋容疑者を送検した。
閉じる
続きを表示する