沖縄県東村高江の民間地で11日、米軍普天間飛行場(宜野湾市)所属のCH53E大型輸送ヘリコプターが炎上、大破した事故現場は民家から約300メートル地点だったことが12日、分かった。

 この日午後、現場を視察した翁長雄志知事は報道陣に「日常の世界が一転して恐ろしい状況になることに大変違和感があった。悲しく、悔しい」と語った。また、富川盛武副知事は、機体の部品の一部に放射性物質が含まれている可能性があるとして、中嶋浩一郎・防衛省沖縄防衛局長に対して有害物質の有無の調査を求めた。


スポニチwikiランキング

    閉じる
    続きを表示する