希望の党の小池百合子代表(東京都知事)は13日、退庁時に記者団に対応し、民進党に再結集の動きがあることについて「それはあちらさまの話ではないか」と突き放した。

 民進との合流が成功しなかった現れではないかという指摘に対しては「そうであるならば、ずっと民進党でいらっしゃるという選択もあったのではないか」と受け入れた立場であることを強調した。


 民進の所属参院議員の多くは衆院選後に希望に合流しない見通し。その上で、小川敏夫参院議員会長は立憲民主党や民進党出身の無所属議員らとの再結集を目指す意向を示している。
閉じる
続きを表示する