済州島で平昌五輪聖火リレー 海女やロボットが登場して海中でも

2017年11月04日 05:30

社会

 平昌冬季五輪(来年2月9日開幕)の聖火リレーは3日、南部の済州島で海女やロボットも登場して海中などで行われた。観光名所「城山日出峰」近くの海が舞台となり、数人の海女がトーチを持ちながら潜った。

 共同電によると、海底には白い脚のついたクモのような形状のロボットが待っており、2本のアームで聖火リレーの旗を持ちながら海女と一緒にゆっくりと進んだ。韓国国内の聖火リレーは1日にスタート。4日は釜山に舞台を移す。
続きを表示

おすすめテーマ

2017年11月04日のニュース

社会のランキング

特集

【楽天】オススメアイテム