競泳の東京都選手権最終日は29日、東京辰巳国際水泳場で行われ、男子200メートル平泳ぎで、リオデジャネイロ五輪代表の渡辺一平(19=早大)が2分6秒67の世界新記録で制した。山口観弘が12年9月に出した2分7秒01を0秒34更新した。渡辺は昨夏のリオ五輪準決勝で2分7秒22の五輪記録を出したが、決勝では6位に終わった。


 レース後、渡辺は「昨年からずっと世界新を出したいと言ってきて、1月という難しい時期に出せてうれしい。世界記録までは狙っていなかったけれど、自己ベスト近くまでは狙っていました。前半から思い切ったレースができて、このタイムが出たと思う」とコメントした。
閉じる
続きを表示する