女子ゴルフのグアム知事杯は17日、米グアム準州・レオパレスリゾートCC(6563ヤード、パー72)で最終ラウンドが行われ、小宮満莉花(26=ウッドフレンズ森林公園ゴルフ場)が初優勝を飾った。

 沖縄出身の26歳・小宮はにとって本大会は初出場、初プレーオフ、初優勝と初めてづくし。最終日を1バーディー、6ボギーの77と崩し、通算1オーバーで首位に並んだ保坂真由(21=フリー)をプレーオフに突入。冷静にプレーオフを制し、プロ初優勝を遂げた。賞金200万円のほかに、今季の国内女子ツアー「ヤマハ・レディース・オープン葛城」(3月30日開幕、静岡・葛城GC山名C)と「ほけんの窓口レディース」(5月12日開幕、福岡CC和白C)の出場権を獲得した。


 開催コースのホステスプロ、藤田光里(22=レオパレスリゾートグアム)は通算5オーバーで5位、村田里沙(21=同所属)は通算13オーバーで38位だった。

 <上位成績>

 (1)小宮満莉花(+1、143)

 (2)保坂真由(+1、143)※1、2位はプレーオフ

 (3)岩橋里衣(+2、144)

 (4)福山恵梨(+3、145)

 (5)藤田光里、荒木美友、山口春歌、鎌田ひろみ、大和笑莉奈(+5、147)
閉じる
続きを表示する