フィギュアスケート世界ジュニア選手権の女子で銀メダルを獲得した本田真凜(15=関大中)が競技から一夜明けた19日、台北で取材に応じた。

 昨季の世界ジュニアに続いて今季もショートプログラム(SP)、フリーともに完璧な演技を揃えた。「本気でやればできるというのと、まぐれじゃないって分かって自信になった」。ただ、演技後半に全てのジャンプを跳ぶザギトワ(14=ロシア)と比較し、「もともと(2人が)完璧、完璧でやったら負ける構成だったのに、自分がいい演技をして勝てるって一瞬思ったのが情けない」と話した。


 平昌五輪を目指して、来季はシニアに転向する。「SPはノーミスが絶対条件。フリーはハラハラして見てもらえるような演技を続けて、大事なところで頑張りたい」と五輪シーズンを見据えていた。
閉じる
続きを表示する