北勝富士が流血しながらも気力で白星をもぎ取った。

 貴ノ岩との立ち合いで脳振とうのような状態になり、さらには右のまわしが切れてピンチに。喉輪で攻め直して、再び右で前まわしを引くと「フラフラだったけど、これだけは離してはいけない」と“命綱”を頼りに前に出て寄り倒した。右膝を痛めているが、必死の土俵を続けている。


スポニチwikiランキング

    閉じる
    続きを表示する