フリースタイルスキー・モーグルで世界選手権2冠を達成した堀島行真(19=中京大)が7日、名古屋市の中京大名古屋キャンパスで安村仁志学長から学長賞を授与された。フィギュアスケート世界選手権銀メダルの宇野昌磨も同期生。「向こうは有名すぎる。僕が一方的に知っているだけだと思う」と2月の札幌アジア大会では同じエレベーターに乗り合わせたが、遠慮して声はかけられなかったという。


 大学側では現役生2人合同での激励会も計画しており、五輪への期待は等しく大きい。堀島はあくまで恐縮しつつ「中京大として2人で金メダルを獲れればいい」と宇野とのアベック金にも意欲を見せた。
閉じる
続きを表示する