ミスをした悔しさよりも、挑戦した充実感が羽生結弦(22=ANA)にはあった。男子フリーで200・49点。冒頭の4回転ループに成功した後、4回転サルコーが1回転に。だが、基礎点が1・1倍となる演技後半に、世界王者が意地を見せた。


 4回転サルコーと3回転トーループの連続ジャンプ、4回転トーループ、4回転トーループ―1回転ループ―3回転サルコーと初めて演技後半に4回転3発に成功。「絶対やろうと思っていた。何とか跳べてある程度、満足している」と振り返った。

 20日のSPでまさかの7位。SP後、ホテルに戻ってもなかなか寝付けず「(午前)3時、4時までイメージトレーニングをしていて。こんなに悔しいなら、もう1回4回転やっちゃえよって思った」。演技前半の4回転サルコーは失敗したが、4回転5発の高難度の構成でフリー1位の座をもぎ取った。

 世界選手権でマークした世界最高得点の223・20点には及ばなかったが、3試合連続でフリー200点超えを果たし、今季を締めくくった。「もっと体力をつけなきゃな、と思った」。五輪連覇を目指す22歳は、自身の伸びしろを実感して笑っていた。
閉じる
続きを表示する